We Serve われわれは奉仕する

ライオンズクラブとは?

私たちは46,000のクラブと140万人以上の会員を擁する世界最大の奉仕クラブ組織です。
ライオンズは、最も効率的な奉仕組織でもあります。ライオンズは地域社会を支援するために必要なことは何でもします。
私たちはどこで奉仕をしようとも、親睦を築きます。眼鏡を必要とする子供たち、十分な食料がない高齢者、
そして一度も出会うことのないかもしれない人々とも親睦を築きます。

アクティビティ(活動内容)

一覧を見る

一覧を見る

  • ライオンズのスローガン

    Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety
    自由を守り、知性を重んじ、
    われわれの国の安全を図る

  • ライオンズのモットー

    We Serve
    われわれは奉仕する

  • ライオンズの誓い

    われわれは知性を高め、
    友愛と相互理解の精神を養い、
    平和と自由を守り、社会奉仕に精進する

松山ホストライオンズ
クラブとは?

1917年アメリカのシカゴに於いて誕生していた社会奉仕団体ライオンズクラブ国際協会は戦後早くも日本における第一声を、東京LCとしてあげました。
つづいて横浜、神戸、大阪でも設立され、その神戸LCのスポンサーによって日本で5番目に誕生したのが松山LCです。
今年で、誕生64周年を迎え、伝統と格式あるクラブとして奉仕活動を行っています。

会長挨拶

田原 明

会長 田原 明

松山ホストライオンズクラブのホームページへお越しいただき有難うございます。 私は、第67期≪2019.7~2020.6≫の会長を拝命いたしましたL田原 明です。 当クラブの歴史は古く、1953年12月12日に神戸(ホスト)ライオンズクラブをスポンサークラブとしてチャーターナイトを迎えました。東京、横浜、神戸、大阪に次ぐ国内で5番目のライオンズクラブです。Liberty,Intelligence,Our Nation’s SafetyのスローガンとWe Serveのモットーのもと活発にアクティビティを行ってまいりました。当クラブのメインアクティビティである肢体不自由児との興居島ふれあいキャンプは、今期で第60回に、肢体不自由児との「とべ動物園」遠足は、今期で第55回になります。節目の年であり、新しい時代「令和」の幕開けでもあり、そのような年に会長職を拝命しまして、光栄の極みです。

今期の会長スローガンは、「忠恕のみ We Serve」です。「真面目に」「思いやる」忠恕の精神をもって、一年間、社会奉仕にクラブ運営に臨む所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

松山ホストライオンズクラブスローガン
忠恕のみ We Serve